MENU

黒川孝雄の美 offの日 HOME フランチャイズ本部立て直し 2011年フランチャイズショーにて講演

代表者経歴

フランチャイズ研究所代表黒川孝雄

主な執筆先


月刊飲食店経営

フランチャイズビジネスで成功したい人の情報誌フランジャ

 ほか

主な講演先

主な講演先:日本経済新聞社













フランチャイズ本部構築・立上げ

 フランチャイズ本部立ち上げの手順は、次のプロセスに従います。

直営店の分析と繁盛店のノウハウの確認

 フランチャイズとは、自社の成功したビジネスをシステムとして第三者に売却する一連の行為です。従って、自社のビジネスモデルが成功していることが、フランチャイズ化の条件となります。

フランチャイズ展開の調査(内部調査、外部環境調査)

 フランチャイズ展開を行うためには、自社の内部調査(フランチャイズ展開のための最低条件を具備しているかどうか)、外部環境調査(今、新しくフランチャイズ展開して成功する市場環境にあるかどうか)を、行います。

商標権の登録

 フランチャイズ展開する前に使用する商標、サービスマーク等の商標権の登録が出来ているかどうかの確認を行います。

フランチャイズ本部の確立

 フランチャイズ本部としての最低条件(資金、人員、ノウハウ、経営理念の確立等)が出来ているかどうかを点検いたします。

店舗運営マニュアルの作成

 既に、直営店の成功店があることが前提条件となります。その直営店の運営マニュアルは自社で作るのが原則です。

加盟店候補者の研修カリキュラム

 加盟店候補者の研修カリキュラムを作成します。準備万端用意して迎えて下さい。

加盟契約書(弁護士によるチェック)、開示書面の作成

 加盟契約書は、本部と加盟店の関係を律する憲法と考えてください。加盟後にトラブルが生じないように、弁護士のチェックを受けます。 法律で作成が義務付けられている、法定開示書面を 作成します。

加盟店選定定基準の策定

 加盟後、トラブルが起きないように、加盟店選定基準を設けて、その基準を満たさない加盟店 候補者は、資金が豊富でも加盟はお断りします。

加盟店開発手法の構築

 加盟店開発は、フランチャイズ展開の最大の難関です。フランチャイズチェーン協会の 「加盟店開発講座」の講師として数多くの現場を経験しておりますので、適切なアドバイスが 出来ます。


加盟店募集を開始して、加盟店が毎月コンスタントに1~2件開発できるまでの期間は、概ね2年間とお考えください。