山種美術館  琳派ー俵谷宗達から田中一光まで

17世紀の初め、王朝文化復興の気運が高まる京都で活躍したのが俵谷宗達と本阿弥光悦である。光悦は上層町衆の出身で、書、焼物など様々な造形芸術において才能を発揮した。また扇屋を営んでいたとされる宗達は、平安時代以来の料紙装飾ややまと絵の伝統を取り込みながら、大胆なアレンジを施し、斬新でおおらかな作風を確立した。光悦・宗達を琳派の第一世代とするなら、第二世代にあたるのが、京都の高級呉服商の家に生まれ、17世紀末から18世紀初めにかけて活躍した尾形光琳である。光琳は、宗達の作風をもとに、平面性と装飾性を際立たせ、デザイン性に富んだ画風を確立した、さらに第三世代の酒井抱一は、姫路藩主酒井家に生まれ、19世紀の江戸で、光琳の画風に洗練と洒脱を加え、新たなスタイルへと発展させた。それを継承した弟子の鈴木其一は、師の没後、鮮烈な色彩と厳密な描写による個性を開花させた。其一は安政5年(1858)、明治維新もあと少しというところで亡くなった。琳派の系譜は、その後も田中芳二等と続き、更には現代作家である速水御舟、加山又造等に引き継がれ、本展では田中一光というグラフィックデザイナー(ポスター)まで拡張している。琳派とは血縁ではなく私淑の歴史であり、時空を超えて飛び火する現象であった。その意味で、20世紀において加山又造、田中一光らが、一番強く琳派に私淑し、飛び火によってその表現が大きく燃え上がったのである。今回の展示会の最大の特徴は、19世紀の江戸琳派に終わらせず、20世紀の速水御舟、福田平八郎、加山又造等の作品も”琳派”として展示したことであり、山種美術館(山下祐二顧問)の美意識を展開したことであると思う。

新古今集鹿下絵和歌巻断簡俵谷宗達(絵)本阿弥光悦(書)江戸時代(17世紀)

金銀泥で鹿の群れが描かれた、全長20Mに及ぶ巻物の断簡である。益田鈍翁が所蔵していた画巻が、戦後、増田家を離れ、断簡として複数の所蔵家のもとに散らばったうちの一つである。宗達が下絵を描き、その周囲に光悦がバランスよく配している。巻物はしなやかに首をひねっている鹿から始まったと伝えられている。この物憂い風情の牡鹿に、西行法師の「こころなき身にも哀れはしられけり、鴫たつ澤の秋の夕暮」(新古今和歌集)という和歌が添えられている。

槇楓(まきかえで)図 伝俵谷宗達作         江戸時代(17世紀)

画面全体に緑の槇と朱の楓が奔放に張り、下部には女郎花、桔梗などの秋草が添えられている。まっすぐに伸びる奇妙に曲がりくねった幹を持つ槇、斜めに突き出る楓が画面にリズムを与えている。左下に「対青軒」という工房の印が捺されている。この図柄は、尾形光琳の「槇楓図」(重要文化財・東京芸術大学美術館蔵)にも影響を与えていると思われる。

月梅図 酒井抱一作 絹本墨画淡彩 軸一幅  江戸時代(19世紀)

光琳に私淑した抱一は、光琳の「紅梅図屏風」(MOA美術館蔵)や「光琳百景」に掲載されている梅の図様から、抱一自身のインスピレーsィヨンを受けていると思われる。本作品の紅梅梅の老木の枝振りや梅花の五つの花弁がひとつづきになる光琳独特の描き方にもその片鱗がうかがえる。

重要美術品秋草鶉図酒井抱一作紙本金地彩色二曲一双屏風 江戸時代(19世紀)

山下祐二氏によれば、二曲屏風という形式自体が林班の特殊なフォーマットであり、専売特許みたいなものであるそうだ。確かに日本の屏風は六曲一双が圧倒的に多く、まれに四曲一双がある程度で、二曲は琳派の独特の形式であるそうだ。この作品は、極めてクオリティの高い作品であり、酒井抱一の作品の中でも特にクオリティが高いものだそうである。二曲一双の屏風に穂の出た薄の半月、五羽の鶉の群れは、そこに女郎花、露草、そして紅葉した楓葉を散らして描き、深まり行く武蔵野ヲイメージしている。大変緻密な描写で、光琳の華やかな雅趣を想いおこさせる。画面左下に書かれた落款「抱一画鶯邨書屋」により、浅草千束から鶯谷の新居に移り住んだ時期、49歳以降の作品である。

菊小禽図 酒井抱一作 絹本着色 軸一幅 文政6~11年(1823~28)

抱一が60歳に手がけた特徴的な作品群として十二ケ月揃いの花鳥図シリーズがある。この「菊小禽図」は、もとは十二ケ月花鳥図の押絵貼屏風であったと思われる。赤、黄、白の発色の美しいもので、本図は9月の景である。

牡丹図 鈴木其一作 絹本着色 軸一幅  嘉永4年(1851)

抱一の弟子である鈴木其一の名は、近年ますます評価が高まっている画家である。其一は師である抱一の作風を忠実に学び、時には抱一の代作も手がけていたと推測される。師の没後は堰を切ったように、自分ならではの表現に邁進した。(夏秋渓流図屏風、朝顔図屏風)に代表されるように「奇想の画家」と言っても良いような、ややエキセントリックな作風を示している。この牡丹図は、最近、山種美術館の所蔵となったが、中国絵画の「牡丹図」(宮内庁三の丸尚蔵館)と図様はほぼ一致しているとされる。其一の中国絵画学習の実態を論じた学芸員の論考(塙萌衣氏)があるそうだ。また伊藤若冲との関係を論ずる学者もあり、若冲ー其一ー御舟という、何か見えない糸が繋がってきたようなところがあると論ずる意見もあり、今後私も研究したい。

四季花鳥図 鈴木其一作 紙本金地彩色 二曲一双屏風 江戸時代(19世紀)

二曲一双という琳派的なフォーマットによる、非常に装飾的な画面で、抱一系列の作品であるが、其一ならではの一種の鋭さがある。其一は師以上に若冲を意識していたと考えられる。例えば、この屏風で主役のように大きく表されている向日葵は、17世紀の中頃に日本に入ってきたらしく、当時としては新規な画題であったのである。若冲は既に「動稙綵絵」の「向日葵雄鶏図」で大きく取り上げている。また畠山記念館には「向日葵図」という単体の絵がある。(参考「美」)恐らく其一は若冲の特異な画風に親近感を覚えていて、それが師のスタイルから一歩踏み出すための起爆剤になったのではないか。(山下祐二氏説)

翠苔緑芝(部分)速水御舟作 紙本金地・彩色 四曲一双屏風 昭和3年(1928)

これほど平面的で、装飾的な画面は他に見られない。正しく、琳派の特徴を備えた、昭和の名作である。山下氏は、左隻の兎の脚などは、宗達が描いた養源院の杉戸絵を意識した描き方として注目している。

濤と鶴(小下絵) 加山又造作 紙本彩色  昭和52年(1977)

山種美術館の入口に掲げられた加山又造作の「千羽鶴」に下絵で、これが彫金で制作され(番浦史郎作)で、現在も山種美術館の入口に飾り付けられている。千羽鶴と波の下絵である。

華扇屏風 加山又造作  六曲一双 絹本彩色 昭和41年(1966)

全く、宗達のこの形式のよく出来た屏風(扇面貼交屏風)を見るといつもどこかで一瞬、眩惑(めまい)に似た感覚を味わわされる。それはどこかで絵の何かの部分が急に裏返しになってしまったといったような複雑な美のためか、とにかく一つの画面でこのように多くの世界とゆったりとしたちながりを持ち得、そのどれへも大胆にさりげなく人をひきずり込む方法を明確に表出した高度の絵画は他に無いのではないかと、思う(加山又造文)(名作誕生に伝俵谷宗達筆「扇面貼交屏風」が六曲一双の屏風が出品されていた。金地である点が異なっている。)

 

俵谷宗達、尾形光琳、酒井抱一、鈴木其一と続く、琳派に対して、私は一番好きなタイプの画風である。そこには意匠、スタイル、デザイン等という言葉でしか表現できない世界である。今回の展覧会は、所謂、琳派の大御所の作品を紹介すると共に、明治以降から現在に至るまでの、琳派風作家を同列に並べた企画が光る展覧会であった。また、山種美術館の顧問をされている山下祐二氏(明治学院大学教授)の「私淑の系譜ー宗達・光琳・抱一から田中一光へ」という図録の冒頭論文が光り輝く論文である。琳派を評して、これだけインパクトのある文章に接し、大変収穫が多く、簡単に消化仕切れない思いである。特に抱一、其一が伊藤若冲の研究をして、若冲から取り入れていたという指摘は、大いに参考になり、今後、その点も含めて、更に琳派全体を研究したいと思った。

 

(本稿は、図録「特別展 琳派ー俵谷宗達から田中一光へ  2018年」、図録「山種コレクション 浮世絵 江戸絵画  2010年」、図録「大琳派展 2008年」を参照した)