東京国立博物館  特別展  茶の湯(2)

室町幕府が力を失った15世紀末頃になると、新たな時代の担い手となる町衆が力を急速につけ、それまで公家の嗜みであった連歌や能、茶、花、香などを愉しみ、究めるようになった。茶の湯を嗜む人々の層が拡大していくと、茶の湯を愉しむ場所、空間が変わっていき、当然茶道具にも大きな変化が現れる。戦国武将や豪商の中には、足利将軍家から流失した第一級の唐物を競うように求める者も現れたが、一方、禅に親しんだ珠光(しゅこう)(1423~1502)や下京茶の湯者と呼ばれた人々の間では、唐物だけでなく、日常の生活の中から自らの気持ちにかなうものを見出し、取り合わせる「数寄」(すき)の茶、いわゆる「侘茶」(わびちゃ)が生まれた。この精神は、堺の豪商武野紹鷗(たけのじょうおう)(1502~55)ら多くの町衆へと広がった。第2章では、15~16世紀を生きた武将や茶人の眼を通じて「唐物」から「高麗物」(こうらいもの)「和物」へと、茶道具に対する価値観が移り変わる様子をたどる。第3章では「侘茶の大成」として「千李休とその時代」を取り上げる。千李休から、「李休没後の様相」として古田織部、織田有楽斎、細川三斎を取り上げるが、桃山から江戸への過渡期を生きた武将たちの茶の湯を展観することになる。

唐物肩衝茶入 銘 桜 南宋~元時代(13~14世紀) 三井紀念美術館

灰色を帯びた茶色の釉で、総体に細見である。甑(こしき)から肩の衝き方は堂々とした姿である。釉には斑があり、幽際が濃い褐色を呈している。なだれには勢いがあり、表常豊かな景色をなす。銘は当初の所蔵者とされる足利義正が命銘したという。戦国武将蒲生氏郷からその孫、忠郷(1602~27)に伝わるが、子がないまま没したため、将軍家の御物となる。その後、徳川第三代将軍家光(1604~51)から家康の外孫で家光の後見人をつとめた松平下総守忠明(1538~1644)が拝領した。子の忠弘から再び家光に献上され、将軍家に伝わり、後に三井家に移った。

重文 大名物 唐物肩衝茶入 北野肩衝 南宋~元時代(13~14世紀)三井紀念美術館

足利義正の東山御物で、三好宗三から天王寺屋津田家に伝わった。当時すでに北野肩衝と呼ばれている。その後、鳥丸家に伝わり、北野大茶会で同家から出品されて、秀吉の目に止まったという。以来、北野大茶会ゆかりの茶入として伝わった。三井家に享保年間に伝わったが、幕末~大正期は若狭の酒井家にあり、その後再び三井家のものとなった。

重文 法語 無夢一声宛 小林清茂(こばやしせいも)墨蹟 三井紀念美術館

小林清茂(1262~1329)は浙江温州の人で、元代禅林の第一人者に挙げられる。日本からの求法僧の間でも産学の師として憧憬され、多くの入元僧がその会下に集まった。冒頭の「清禅人」とは無夢一清のことで、小林ほか諸僧に参禅した在元30年におよんだ。この偈後は一清の熱心な参禅を賞し、一層の勉学を説示している。

国宝  大井戸茶碗 喜左衛門井戸 朝鮮時代(16世紀) 京都 孤篷庵

大井戸茶碗の最高峰として名高い茶碗である。畳付きからわずかに残して、高台脇を力強く大きく削る。高台内もやはり力強く削り込まれ、中央は兜巾状となる。腰からは斜めに開き、胴上方にゆったりとした膨らみをもたせた後に、口縁に向けてわずかに開く。胴には轆轤目が残り、見込は深く、釉の流れも景色となっている。高台内と高台脇の削りの部分には、一部露胎としながら、釉が流れて梅花皮(かいらぎ)が現れている。井戸茶碗はそのなかでも高台の高さや見込みの深さ、そしてそこに現れる景色から、風格と大きさが感じられる名碗である。松平不昧から子の松平月潭に伝えられるが、不昧の正妻静楽院より、大徳寺弧篷庵に贈られた。不昧の「雲集蔵帳」では、この茶碗は「大名物之部」に所載されている。

斗々屋茶碗 銘 かすみ 朝鮮王朝時代(16世紀) 三井紀念美術館

「ととや」は斗々屋、魚屋、渡唐屋等と書き、名の由来は、李休が魚屋の店先で見付けたという説や、堺の豪商魚屋が所持していたなど諸説がある。この茶碗は霞が棚引くような釉景色と腰の縮緬皺が見える見事なコントラストを見せている。永坂町三井家の高泰から室町三井家の高大(ながひろ)が譲り受け、際晩年枕辺に置いた遺愛の品である。「唐物」から、朝鮮半島産の茶碗に嗜好が大きく変更したことが分かる。

千李休像 伝長谷川等伯筆 固渓宗陳賛 安土桃山時代・天正11年(1583)正木美術館

田中宗易(そうえき)(千李休、1522~91)の姿を描いた現存唯一の生前像(寿像)である。黒襟の下着に淡菁色の着物を着け、黒い上被を羽織り、濃紺に縞の入った腰帯を締める。右手に扇子をとり、上畳に坐す。細部にわたり緊張感のある描写がなされている。頭上の大徳寺第百十七世古渓宗陳(1532~97)の賛から、本図が天正11年8月に描かれた六十二歳の寿像であることが分かる。作者は長谷川等伯と伝えるが、これおを裏付ける資料はない。侘茶の大成者として知られる利休の、また異なる横顔を活写した重要な作品である。

国宝偈頌(げじゅ)照禅者宛(しょうぜんしゃあて)破れ虚堂(きょどう)虚堂智愚筆紙本墨書 南宋時代(13世紀)

虚堂智愚(1158~1269)が入宋僧の無象静照(むぞうしょうしょう)(1234~1306)の求めに応じて贈った五言の偈頌である。無象静照は、鎌倉の人で、東福寺の円爾に師事し、建長4年(1252)に宋へ渡った。静照は、慶山の石渓心月について印可を受けたのち、景定3年(1262)に阿育王山に虚堂を訪ねて参禅し、文永2年(1265)に帰朝するまで、虚堂のもとを離れなかった。よって本幅は、虚堂が78~81歳頃の書と推定される。

重文 黒楽茶碗 銘 ムキ栗 長次郎作 安土桃山時代(16世紀)文化庁

楽茶碗については、既に東京近代美術館で行われていた「楽家一子相伝の芸術」で、詳しく伝えているが、そこに展示されなかった作品を若干補足したい。楽茶碗は、手捏ね(てづくね)によるもので、利休の創意を受けて、陶工の長次郎が焼き上げたものと言われる。小ぶりで、手にすっぽりと収まるような独特の姿をした、赤や黒色の楽茶碗は、唐物天目でも、高麗茶碗でもなく、李休の理想とした侘び茶の碗として、利休の感性にかなうものだったのであろう。この茶碗は上半を方形、下半を円形に作る、他に例をみない姿である。利休好みとされる四方釜に通じる造形であることから、この茶碗もまた李休の好みを反映していると考えられる。

重文 黒楽茶碗 銘 俊寛 長次郎作 安土桃山時代(16世紀)三井紀念美術館

利休が薩摩の門人から長次郎の茶碗を求められ、3碗を送ったうちこの茶椀を残し他の2碗が送り返されてきたので、鬼界ケ島に残された俊寛僧都に見立て命名したと言う。極限まで削り込んだ器形には、包み込むような絶妙な手取りの良さがある。長次郎の茶碗への思い入れがそのまま凝結したような精神性を秘めた名碗である。

重文 伊賀耳付水指 銘 破袋 伊賀 江戸時代(17世紀) 五島美術館

伊賀独特の赤黒く焦げた表情と、青いビロードが流れた表情とが一つの器の名に現れ、大胆な造形にさらに釜の炎によって生じた大きなひび割れがその強さをさらに増している。この造形には古田織部が大きくかかわっている。伊賀水指に添えられていたという大野主馬宛ての古田織部の書状には主馬から頼まれていた伊賀の水指ができたことを伝え、「今後是程のものなく候間、如此候 大ひされ一種候か かんにん可也と存候」と、と水指しでありながら、大きなひびというものがその価値を損するものではないと述べている。

 

戦乱で京都が荒れていた頃、茶の湯で大きな存在感をもったのは、新興都市堺であった。幕府の統治力が低下してからは町民の代表である会合衆(えごうしゅう)による自治が行われた。貿易によって財を成した富裕な町衆たちの間に、茶の湯を嗜む者たちが現れた。その中心として茶の湯を牽引したのが武野紹鷗(1502~1555)であった。茶の湯の理論的支柱として禅の思想を取り込んでいった。「茶の湯は禅宗より出でたるによって、僧の行を専らにする也。珠光紹鷗みな禅僧也」と「山上宗二記」に記されるようになった。千利休(法名=宗易)は大永2年(1522)に堺に生まれた。幼名を与四郎と呼ぶ。商家のたしなみとして、与四郎は少年時代から武野紹鷗に茶の湯を習ったとされる。信長は堺や京都の町衆から名物と呼ばれた唐物の名品を強制的に買上げた。「名物狩り」や、家臣が茶の湯を行うことを許可制とした「御茶湯御政道」によって、文化的な側面の覇権を握ろうと企てた。信長は豪商茶人の中から今井宗久、津田宗及、千利休を「茶頭」として召し抱えたのである。本能寺の変で信長が討たれた後、混乱を勝ち抜いた豊臣秀吉は、信長以上に茶の湯に傾倒し、李休をことさらに重用した。そのため周囲の武将たちmp積極的に茶の湯を習い、李休に弟子入りするようになった。大友宗麟は国許宛の手紙に「内々の儀は李休、公儀のことは宰相(秀永)存じ候」と書いた程である。その利休も天正19年(1591)、突然秀吉の怒りを買い、切腹を命じられた。61歳で秀吉の茶頭になったからおよそ10年間、「天下一宗匠」として、李休が茶の湯に与えたインパクトは大きかった。李休没後、古田織部は、窓の多い、明るい茶席を好み、茶席内で使う道具も、動きや力感を大らかに外へ発散していく、ゆがみやひずみを持った道具を好んだ。この織部に師事した小堀遠州(1579~1647)は、織部の死後、将軍家が大名家を正式訪問する「お成り」の際の茶会や、将軍主催の茶会の後見役を務めるなど、茶の湯に存在感を示した。

 

(本稿は、図録「茶の湯  2017年」、図録「美の伝統 三井家 伝世の名宝」、図録「南宋の美 2010年」、千宗屋「茶ー利休と今をつなぐ」を参照した)