横山大観展  生誕150年記念

 

横山大観(1868~1958)は明治の始まりから大正、そして戦後の昭和に至るまで活躍した日本画家である。日本画家として抜群の知名度を誇る大画家である。明治22年(1889)に開校した東京美術学校に、大観は第一期生として入学した。絵画について本格的学んだのは美術学校においてであった。校長の岡倉覚三(天心)や教綬の橋本雅邦に目を掛けられ、新しい日本画を作り出す気概を叩き込まれた。卒業制作では、最高点を取って卒業したと言われる。明治29年(1986)に、京都美術工芸学校での予備教諭の職を辞し、東京に戻り、東京美術学校図案化の助教綬に着任した。しかし、明治31年(1898)、学内での人間関係の問題から校長であった岡倉天心を中傷する怪文書が出回り、岡倉は校長を辞職し、それに伴い大観、橋本雅邦、下村観山、菱田春草らとともに辞職し、岡倉は、同年日本美術院を設立し、大観らはそれに参画した。茨城県五浦(いずら)の地に移り住み、新しい日本画の創造に向け制作に励んだ。この時期、大観が目指したものは、まず描こうとする人物の感情や主題の気分を画面全体で表現しようとした。続いて、いわゆる「朦朧体」(もうろうたい)と言われた画法である。東洋画で重視されてきた筆線を排除し、色をぼかし重ねたり金泥をはいたりして、大気や光の織り成す繊細な情趣を表現しようとした。そこから飛躍して色彩への取り組みを始め、色の表現力を型破りの手法で引き出したりした。「朦朧体」の評判は悪かったが、漸く世間に認められるようになったのは、文部省展覧会の始まる明治40年以降のことであった。(これ以降の記事の順次は、図録による)

村童観猿翁  横山大観筆 明治26年(1893) 東京芸術大学

東京美術学校の卒業制作。一期生の全生徒のなかで作品は最高点であったと大観は回想している。子供の顔もデッサンもゆがんで上手いとは言えない。しかし、先生の橋本雅邦と親友11人の猿回しのおじさんと村童に見立てた遊び心の有る発想や、群像をまとめ上げた構成力、新しい色感は、高く評価されたポイントとなった。

白衣観音 横山大観筆 絹本着色 一幅  明治41年(1908)

明治45(1912)に刊行された「大観画集」に掲載され、以来、所在不明であった。サリーの透ける白衣を身にまとう観音が岩場に腰かけている。明治36年(1903)インドを訪れた大観は、仏殿などを主題にインド風の人物や神像をいくつか描いたが、アジャンター壁画を紹介した画集などを参考にポーズを転用したこともしばしばだった。足を組んで座る姿勢はデッサンの不得手が露呈している。腰と腿の関係があいまいで、膝下のパースが狂っているのが大きな要因である。また岩や崖には筆の腹でかすれた筆触を重ねた皺法が用いられるが、岩場全体の立体感につながっていない。観音の黒目がちな顔立ちやアクセサリーや衣の縁模様なども大きな見どころとなっている。

秋色 横山大観筆 絹本着色彩色 六曲一双 大正6年(1917)

 

大正時代の大観の装飾的作品の代表格であり、また、大観の琳派への傾倒を示す作品として名高い。琳派を愛好する私にとって、一番馴染みやすい作品である。蔦や槇は琳派におなじみのモチーフであり、右隻に描かれた槇の幹は尾形光琳の「槇楓図屏風」と良く似ていることが指摘される。大観は明治38年(1905)にヨーロッパから戻ってすぐに菱田春草と共に発表した「絵画について」という論文で、光琳への関心記している。その後、金地の採用、たらしこみ技法の試みなどを経て、大正のこの時期に琳派を想起させる画風に取り組むようになった。(上が右隻、下が左隻、以下同じ)

夜桜 横山大観筆 絹本着色 六強一双 昭和4年(1929) 大倉集古館

昭和5年(1930)にローマで開催された日本美術展覧会に出品した作品である。大観は出品作家の選定にも関わり、総代としてローマでの展示や運営も任された。本作はローマ展のために描き下した新作である。ローマ展はそもそも日本画を世界へ打ち出すことが狙いだったから、大観が海外の観客のも理解されやすい主題と装飾画風を選んだのである。色の取り合わせからは室町時代のやまと絵などを意識したと思わせるが、勿論伝統的なやまと絵とは全く異なり、余白も無しにモチーフを過剰に詰め込み華やかさを演出した、大観ならではの作品となった。満開の桜の情趣を訴えた本作は、海外の観客のみならず、日本の人々も魅了した。会場では一番の集客をした作品であった。私も初めて見る作品であったが、大いに魅了された。

紅葉 横山大観筆 紙本彩色 六曲一双 昭和6年(1931)足立美術館

「夜桜」と並び、円熟期の大観の装飾画風を示す作品である。初めは墨と金泥で紅葉を描くつもりだつたところ、色の良い朱が手に入ったので彩色画に変更したという。本作は、大観の全作品の中でも絢爛豪華な作品となった。

 

 

 

野の花 横山大観筆 紙本彩色 二曲一双 昭和11年(1936) 永青文庫

第23回再興日本美術院展覧会に出品された作品である。「野の花」の中に一人の女性を配することによって、画面が明るくなっている。大観の完成期の佳作である。

波騒ぐ(海に因む十題のうち)横山大観筆 昭和15年(1940)霊友会妙コレクション

絵筆をもって国に報いる彩管報国を唱えた大観が、昭和15年に「海に因む十題」、「山に因む十題」を発表し、その売上げ50万円を陸海軍の献納したことは良く知られている。この時期、富士は国のシンボル、海も海洋国家日本のシンボルと見做された。この「波騒ぐ」は、「海に因む十題のうち」であった。こんなことでも「絵画と戦争」を考えずにはいられない。フジタ一人が戦犯扱いをされ、「絵画と戦争」の代表者にされているが、フジタが憐れであると私は思う。

或る日の太平洋 横山大観筆 昭和27年(1952) 東京国立近代美術館

「富士超え龍図」という伝統的な主題に基づき、富士に向かって龍が昇るさまが描かれている。(北斎の最後の作品が「富士超え龍図」である)「或る日の太平洋」と名付けられているが、主題は「富士超え龍図」なのである。確かに、富士に向かって龍が昇るさまが描かれているが、富士の高さにまで迫らんとする波濤の大きさを描こうとしたのではないか?そのように考えれば、「或る日の太平洋」という題名とも一致する。描かれた波濤をとらえて、美術史家の野間清六氏が「近ごろ流行のシュールに似ている」と評して、大観が喜んだというエピソードがある。

零峰飛鶴 横山大観筆 絹本着色 昭和28年(1953) 横山大観記念会館

大観は大正、昭和の各時代に、実に沢山の富士山の絵を描いている。戦中は富士は「神国日本」を代表として、あらゆる機会に描かれた。戦後に富士の持つ意味が変わったが、大観は相変わらず富士を描き続けた。それゆえ、現代でも「大観と言えば富士」と誰もが信じて疑わない。あえて沢山ある富士の中で、この一枚を選んだのは、展覧中の「富士」の最後の絵であったからである。確かに富士に飛ぶ鶴は似合っている。

風粛々分易水寒 横山大観筆 絹本墨画  昭和30年(1955)名都美術館

司馬遷の「史記」に登場する荊軻は、秦王(後の始皇帝)の暗殺に向うも、果たせずに討たれた。故国を発つとき、彼は生きて帰らぬ覚悟で「風粛々として易水寒し、荘子ひとたび去って復た還らず」と詠んだという。タイトルはこの詩句からとったもの。易水のほとりで肉付きのよい犬一匹が水の彼方を見つめている。犬は再び帰ることのない主人を見送っているのだろう。きわめて暗示的な画面づくりで離別の愁いを表した作品だが、去る側送る側、大観はどちらに感情を寄せただろうか。

 

日本画の巨匠「横山大観展  生誕150年記念」は、東京国立近代美術館で開催されている。選りすぐりの92点の作品を、明治、大正、昭和と3区分して並べられている。名作として名高い「生々流転」(重要文化財)も「小下絵画帳」と合せて「生々流転」の40メートルに及ぶ作品も並べられていた。ここに選択した10点は、本当のことを言えば、写真が入手できるもので、かつ私が好きな絵画を選んだ。流石に「大家」と呼ばれるだけあって、写真の選択には手間取ったが、「山種美術館」の大観展とは重ならないように、かつ出来るだけ色の付いた作品を選んだ。その意味では「秋色」、「夜桜」、「紅葉」の3作は無条件に選び、後は好きな絵を、時代がバラつくように選んだ。大観展は大変な人気で、5月12日の火曜日の午後であったが、年配者の観覧が多く、列をなす有様であった。京都近代美術館へも廻るそうだ。多分、京都でも大変な人出となるであろう。なお、展示期間が何回かに分かれているので、見たくても見れない作品も多々あった。4月13日より5月27日までなので、展示期間がやや短い気がする。富士の絵は、大正、昭和の時代に実に多数の富士が並んでいた。「大観と言えば富士」と言われる通りであった。

 

(本稿は、生誕150年記念 横山大観  2018年」、図録「山種美術館  近代日本画名品選  2016年」、原色日本の美術「第26巻 近代日本画」日本経済新聞 2018年4月13日号「生誕150年 横山大観展」を参照した)