江戸の琳派芸術展

この展覧会は、江戸時代後期に活躍した絵師・酒井抱一(1761~1828)と、抱一門きっての俊才・鈴木其一(1796~1858)の絵画の展覧会であり、出光美術館の総力を結集したものである。姫路藩主酒井忠以(ただざね)の弟として江戸に生まれた酒井抱一は、能や茶のほか連歌、狂歌、俳諧に親しみ、さらには遊里での遊びに長けていた。さまざまな文芸の中で、絵については狩野派をはじめ、浮世絵や京都で隆盛した写生画など、多くの流派を学び手中にした。出家した後、自ら光琳の百年記念法要を営み「光琳百図」を出版するなど、光琳顕彰に力を注いだ。さらに抱一は、光琳の「風神雷神図」の裏面に「夏秋草図屏風」を描くなど、光琳への深い敬慕が込められた作品を数多く描いている。しかし抱一は光琳の画風をそのまま継承したわけではなく、俳諧や機知に富んだ、光琳が創りだした京都のものとは一風違った琳派の画風を江戸の地において、つくりあげたのである。抱一門下から優れた弟子が数多く輩出したが、そのなかの一人鈴木其一は、ほかの絵師とは一線を画している。抱一の内弟子として学び、藩士の鈴木家に婿入りし酒井家家臣となった。抱一の代筆を務めるほど師風を我がものとしたが、文政11年(1828)の抱一没後、その個性を開花させ、独特な作品を描き出した。京都画壇の円山四条派の画風をも吸収し、其一の作品に見られるモチーフの形態の面白さ、大胆な画面構成や鋭敏な色彩感覚にみられる多面的な美的特質が今日ますます評価を高めている。宗達ー光琳ー抱一という琳派の絵画の流れのなかで、其一作品がその範疇に収まるものかどうか、今後さらに検証が加えられた後、その結果は明らかになるだろう。私は、若沖をしのぐ鈴木其一の大ブームを予測している。

夏秋草図屏風草稿  酒井抱一作 紙本着色 文政4年(1821)出光美術館

 

この草は、酒井抱一による「夏秋草図屏風」の下書きと考えられる。この絵は、抱一の光琳への敬慕が込められた作品の下書きであり、都市文化の花開く江戸の地で光琳画を変装したものである。銀地を背景にして「雷神図」の裏に突然の裏に突然の驟雨に打たれた夏草を描き、「風神図」の裏に野分立つ秋草を鋭い形態感覚で描き出す。夏草図では突然の雨で地面に水がたまり庭只海となり、秋草図では蔦の葉が空に舞う。このように時節の植物を描くだけでなく、風立つ一瞬の情景を切り取った表現によって、夏秋の季節感の対比をより際立たせているのである。作品に付属する文書からは、この画事を巡る三つの事柄が明らかになっている。「一橋一位殿」すなわち第十一代将軍・徳川家斎の実父・徳川治貞の注文であること、尾形光琳の「風神雷神図」の裏面へ描くことが下絵の段階ですでに意図されていたこと、そして、文政4年(1821)抱一が61歳の11月9日に下絵が完成したことである。

風神雷神図 酒井抱一作 紙本金地着色 江戸時代(19世紀) 出光美術館

黄金の大地を闊歩するかのごとき風神と雷神の姿は、俵谷宗達(?~1640頃)によって画かれた。宗達は、北野天神縁起絵巻に図像の原型を求めながら、説話の畏怖性を削ぎ落とし、自由闊達な二神の姿を金地の大画面に解き放ったのである。宗達の「風神雷神図屏風」(建仁寺)は、それからおよそ100年の時を経て尾形光琳に模写された。さらにその百年後に描かれたのが、酒井抱一のこの屏風絵である。抱一本の表現は基本的に光琳本にもとづく。光琳との差は、色の塗り方や線の引き方に、抱一の志向が確かに見える。抱一本は、さっぱりとした瀟洒な画面に仕上げている。今日、風神雷神図は、宗達ー光琳ー抱一という「琳派」の画家達に結び付ける、最も象徴的なアイコンとして膾炙している。抱一は文政9年(1826)刊行の「光琳百図」後編の掉尾を、光琳本の「風神雷神図」に飾らせている。抱一こそ、琳派の風神雷神図を、宗達ー光琳ー抱一という画家たちに結び付けたのである。

八橋図屏風  酒井芳一作  紙本金地着色 江戸時代(19世紀)出光美術館

「伊勢物語」第九段東下りの場面を主題として、カキツバタと八橋を描く。絹地に貼った金箔に明るい絵具で表したカキツバタが、ほがらかな場面を作り出している。光琳の描いた「八橋図屏風」(メトロポリタン美術館)を忠実に倣って描いている。しかし橋杭や橋桁の向きを変えたり、光琳画のカキツバタの花群を減らして整理し空間を広げ、花の色も明るくして画面全体を柔らかな光に満ちたものへと変奏している。

紅梅図屏風 酒井抱一作  紙本銀地着色 江戸時代(19世紀)出光美術館

紅白の梅を対として左右の銀屏風に描いた。もともとこの屏風は、裏絵の屏風であった。つまり表となる作品の裏に描かれた銀屏風であったのである。表絵が誰の作品であったかは不明である。紅梅はごつごつした樹皮に包まれ、強く曲がった幹が老木を、白梅のしなやかに伸びてしなう枝先が若樹を想起させるとも言われる。色と老若の対比を意図した抱一の個性を主張する大作である。

燕子花屏風 酒井抱一作 絹本着色 享和元年(1801) 出光美術館

抱一が琳派作品を学習し始めた頃の作例とされる。光琳やその弟子たちが好んで描いた燕子花というモチーフが画面中央を余白として上中央から画面下方へCの字を書くように円環的に配置されている。群青の鮮やかな花弁のなかで三輪だけの白の花を潜ませたり、葉先に蜻蛉がとまる情景を描いている。先例を踏襲するだけでなく、抱一自身の制作意図を打ち出している。それは抱一が文学的趣向を強く含ませよとする造形意識によるものであり、俳諧の素養が強く生かされているのである。

三十六歌仙図 鈴木其一作 絹本着色 弘化2年(1845) 出光美術館

光琳の三十六歌仙図から琳派の絵師たちが描き継いだ画題である。常套的ともいえるその画面に、其一は表具まで丹念にえがきこんだ描表装とした。抱一と弟子たちがしばしば用いた手法である。天地には白地に鮮明な青波を描き、その上に赤、青、緑で彩った扇を流し、中廻しには連続模様の蜀江文が極めて細密に描き混まれてる。歌仙たちの衣服も色鮮やかで、先行作品とほぼ同じ色が使われている。しかし掛軸の縦長構図としたことで色彩の配置に乱れが生じてしまうところを、束帯の黒の連なりによって統一感をもたせるように配置しており、其一の卓抜した色彩構成の技が示されている。

秋草図 酒井抱一作  絹本着色  江戸時代(19世紀) 出路美術館

12ケ月花鳥図の揃い物は、やがて月次絵(つきなみえ)という本来的な脈絡から切り離され、単独、もしくは対幅の絵として広く所望されたと思われる。直立薄を支えに芙蓉や、桔梗、藤袴の草花をバランスよく配置したこの絵は、八月の一図とモチーフや構図を通わせている。しかし、画面上部に浮かんでいた月を退けたり、芙蓉の茎にヒタキ類の小禽を一羽添えたりするろころが、画家の新しさを見せている。

秋草図屏風 鈴木其一作  絹本着色  江戸時代(19世紀) 出光美術館

うっすらと墨を刷いた絹地の画面に、可憐な秋の草花が配される。左右の端に引手跡があることから、もとは襖二面であったかものが現状に仕立て直されたことがわかる。葛の蔓と葉が揺らめくように画面をつたい、その周囲には、薄、吾亦紅(われもこう)、桔梗、藤袴、撫子、鬼灯(ほうずき)といった多彩な草花のほかにも、野菊の近くに蟋蟀(こおろぎ)の姿をとらえるなど、画面の随所に鈴木其一の微細な感覚を見ることが出来る。

秋草図屏風  鈴木其一作  紙本着色  江戸時代(19世紀) 出光美術館

冷え寂びた銀地の光彩のなかに、秋の草花の可憐な姿がとらえられる。葛が大振りな葉を表しながら右上に向かって蔓を伸ばし、そのまわりに萩、撫子、女郎花、藤袴、朝顔の花が競うように繁茂している。この絵は、其一による抱一学習の成果を象徴的に伝える一図といえる。画面上部に準備された色紙型には、「万葉集」の山上憶良が秋の七草について詠んだ二首が記されている。

藤花図 鈴木其一作  紙本着色  江戸時代(19世紀)  出光美術館

画面の左端には引手跡が残り、もとは仏間の襖絵を改装したものと伝わる。幹を複雑に絡ませながら枝葉を伸ばし、豊かな花房を垂加させる藤が、巨大な画面に描かれる。其一には藤の花を描いた絵画が多い。しかし、この絵の趣向はずいぶん異なっている。本図における色彩の諧調は花びら一つ一つの連なりを合理的に表すためのものではなく、全体として花房の姿を質感豊かに描くために用いられる。躍動感あふれる魅力的な造形をつくり上げている。本紙の全面にまかれた銀砂子も柔らかな光で、水墨画のように仕立てられた藤花の軽妙な描写を演出している。其一30歳代半ばのものと思われる。

遊女と禿  酒井抱一作  絹本着色 天明7年(1787) 出光美術館

茶屋の前の遊女と禿を描く。遊女は高名な五明楼扇屋の花扇その人、画面上部には、著名な戯作者・大田南舖(1749~1823)の狂歌を、花扇みずからがしたためた賛文が認められる。さながら当時の花柳界における大御所のそろい踏みとなっている。おそらくそれを実現させたのは、この絵が武家の貴人・酒井抱一によって制作された、という特別な事情にもとずく。尾形光琳の画風に目覚める前の抱一は、このような絵画(肉筆浮世絵)を制作していた。天明7年(1787)は、抱一27歳の時である。何よりも、署名や印象がなければ浮世絵師・歌川豊春(1735~1814)の作と見まがうほどの女性の特徴的な顔立ちは、若き日の抱一がいかに師豊春美人に心酔し、その再現を目指していたかを如実に物語るものである。

立葵図  酒井抱一作  絹本着色  江戸時代(19世紀) 出光美術館

一目見ただけで、尾形光琳やその弟・乾山の手による立葵図の構成を踏まえていることが判る。但し、その色彩には、今までの立葵図とはまったく異なる感覚を見せている。一枚一枚の明確に描き別けることなく柔和な白一色で塗られた花弁は、中心付近に淡く桃色が挿される。酒井抱一が光琳風に傾倒しはじめて程なくして描かれたものである可能性がある。箱書きから姫路藩酒井家の家老職関係筋に伝来したことがうかがわれる。

十二カ月花鳥図貼付屏風(3、4、5月)酒井抱一作江戸時代(19世紀)出光美術館

  

抱一が得意とした十二カ月花鳥図は、花や鳥や虫を自由に組み合わせて、十二図を一組としている。懸幅装が四組、屏風が二組残されている。この屏風は、その内の一組である。ここでは、(旧暦)3月、4月、5月の部分をお見せする。文政6年(1823)の年紀が記されているものがあり、その他は文政7年以降の作と考えられる。

四季花木図屏風 鈴木其一作 絹本金地着色 江戸時代(19世紀) 出光美術館

右に源氏梅のような紅梅同樹の梅を置き、その廻りを囲むように牡丹、燕子花、蒲公英などの春秋の草花が描かれている。左の楓木は未だに青葉のものと色を染めたものが混在する。その下方には桔梗、水仙などの草花が添えられている。強い色彩効果が生み出されている。其一の個性がいかんなく発揮されている。色面が強調されて、それぞれのモチーフは輪郭線を感じさせない表現となっている。其一以外はたどり着けない造形感覚を主張している作品であり、傑作である。

 

この展覧会では、王朝的な美意識に支えられた京都の「琳派」を受け継ぎつつ、江戸と言う都市の文化を美意識のもと、小気味よい表現世界へと転生させた「江戸琳派」の特徴とその魅力を伝えるものである。酒井抱一の門下からは、魅力的な弟子たちが数多く輩出したが、中でも近年注目を集めているのが、鈴木其一である。鮮烈な色彩と明快な画面構成に個性を発揮する其一の絵画には、むしろ師・抱一よりも強い光琳志向を感じさせるものがある。鈴木其一については、昨年の「鈴木其一展」で、詳しく伝えたが、江戸琳派芸術では、抱一と並んで、欠かせない絵師である。私は、鈴木其一の大ブーム出現を予想している。

 

(本稿は、図録「江戸の琳派芸術  2017年」、図録「大琳派展 2008年」、図録「燕子花と紅梅図  2015年」、図録「江戸琳派の旗手 鈴木其一展  2016年」、田中英道「日本美術史全史」を参照した)