海住山寺ー補陀落山と呼ばれた地

笠置の山が開けて、木津川の流れもゆるやかになる辺り、「瓶原」と呼ばれたこの地帯は、「みかの原わきて流るる泉川、いつみきてとか恋しかるらむ」と小倉百人一首に収められた歌で、広く知られている。天平13年(741)正月、聖武天皇はこの地(恭仁京)を新都として移ることを命じられたが、やがて都は近江の紫香楽宮(しがらきぐう)に遷された。この由緒ある瓶原を一望におさめる海住山(かいじゅうさん)の中腹に、海住山寺(かいじゅせんじ)が創建されたのは、恭仁京造営に先立つ6年前、天平7年(735)のことと伝えられている。この寺は不幸にして保延3年(1137)に灰燼に帰し、お寺の全てを失った。その後、70余年を経た承元2年(1208)11月、笠置寺に住んでおられた解脱上人貞慶(じょうけい)が、この寺址に住み、草庵を営み補陀落山海住山寺(ふだらくさんかいじゅうせんじ)と名付け、旧寺を中興された。補陀落山とは、南海にあると云われる観音の浄土の名である。解脱上人(1155~1213)は、幼くして興福寺に入り、ひたすら研学につとめ、南都随一の学僧と言われた。壮年に至り感ずる所があって笠置山にかくれ、名刹をのがれてもっぱら徳を積まれ、晩年に至り、人々を教化して仏道に向かわせるために、ここ海住山寺に移り住まれた。このような類稀な学徳兼備の高僧解脱上人の後を継いだのが、磁心上人覚真(1170~1234)である。先師の遺志を継いでいよいよ戒律を厳しくし、また寺観の整備に力をつくした。現在の同山は、真言宗智山派に属し、1万坪の境内には、国宝の五重塔や重文の文殊堂をはじめ、数々の伽囲まれ、特に厄除寺として知られ、現世利益(げんせりやく)の根本道場としてし知られている。さて、私は、過去に2回この寺を訪ねている。この寺は、奈良市の近くであるが、京都府に属し、関西線加茂駅から、歩いて2時間、タクシーならば30分程度で着く。必ずしも有名なお寺ではないが、寺ではユースホテルを兼ねており、若い男女には知られている。下からこのお寺を仰ぐと、かなり高い岡の上にある、由緒あるお寺である。私は海住山寺(かいじゅせんじ)の名前に憧れ、2回拝観している。

五重塔遠望

]

国宝 五重塔が下から遥かに望むことが出来て、思わず上ってみたくなるお寺である。名称も魅力的である。つずら折の急な坂を上ると山門がある。この山門から望む寺域は補陀落浄土の観がある。補陀落山とは、南海にあると云われる観音の浄土の名である。

国宝  五重塔        鎌倉時代

塔内は、四天柱の内側に極彩色の内陣がある。四方扉にも天部や創形が描かれている。剥落が激しい。

重文  文殊堂     鎌倉時代

小堂であるが、緑の山を背にした伸びやかな屋根や、白壁に映える蟇股(かえるまた)が美しい。

重文  十一面観音菩薩立像      平安時代

高さ190センチ、天平風の大らかな一木彫像であり、厄除け観音として信仰が篤い。

重文  支店王立像  木造・彩色・彫金・玉眼 鎌倉時代

持国天立像(上)    増長天立像(下)

大きく振り上げる腕などの身振りが破綻なくまとまっており、像高40センチ足らずの小像ながら、大きな存在感がある四天王像の優品である。保存状態も良く、造像当時の彩色が非常に鮮やかに残されている。持国天と増長天、広目天と多聞天がそれぞれ左右対称の動きに表されている。持国天は左手を腰に当て、右手を振り上げて三鈷杵(さんこしょ)を持ち、増長天は逆に右手を腰に当て、左腕を振り上げて戟を突く。肉親の色はそれぞれ持国天が青色、増長天が赤色、広目天が肉色、多聞天が濃青色に塗り分けられている。こうした姿かたちをする四天王は、現存する作例の中では、建仁3年(1203)以前に作られた和歌山・金剛峯寺の四天王立像に次いで、二例目である。本像も運慶一門の手になる可能性が高い。

重分  十一面観音菩薩立像    平安時代

小像ながら美しく引き締まったこの像は、解脱上人の念持佛と伝えられている。

春日曼荼羅図(般若十六善神図部分)    鎌倉時代

上段には春日曼荼羅・下段には扁額を中心とした十六善神が描かれている。これはその上段部である。

重分 献本着色法華曼荼羅図       鎌倉時代

霊鷲山で法華経を説く釈迦、聴聞する菩薩以下の群衆等を配し、荘厳な仏の力を表している。この曼荼羅図は神々しい美しさである。私の好きな図である。

海住山寺は30年前に1度、20年前に1度、合計2回しか訪れていない。この文章を書くにあたって、参考文献が殆どなかった。わずかにお寺の出した「海住山寺小誌」と図録「運慶」、奈良仏像館 名品展」しかなかった。参考文献の少なさに驚いた。それほど知名度の低いお寺かと驚いた。しかし、なかなか味のあるお寺でもあった。興味のある方は、一度訪れることをお勧めする。

(本稿は「補陀落山 海住山寺小誌」、図録「運慶  2017年」、「なら仏像館 名品図録  2016年」を参照した)