生誕150年紀念  藤島武二展

藤島武二は1887(慶応3)年9月18日、薩摩藩士藤島賢方の三男として鹿児島市に生まれた。父を早く亡くし、兄2名も西南戦争に従軍し、負傷のため夭折したので、若くして武二が家督を継いだ。小学校を卒業後、佐々木松屋という人物に就いて書を学び、芳州という号を受けた。次いで、学業の傍ら1883(明治16)年頃、平山東岳に四条派の絵を学んだ。書の学習に続いて墨筆の扱いを学んだことになる。上京を許されて、東京で仏蘭西学校に入学する一方で、1885(明治18)年頃に川端玉章に入門し、号を玉堂と改めた。玉章のもとで、色彩表現を身に付け、人物画に向かったようである。同郷の曽山幸彦を知り「玉章に通ふ傍ら、この人に就いて洋画を稽古し始めた」と語っている。家族を養う立場にあった藤島は、教員免許を取得して1893(明治26)年、三重県尋常中学校教諭として三重県津に赴任した。この時期に黒田清輝、久米桂一郎へたびたび長文の手紙を送り、地方で洋画を続けることの困難を切々と訴えている。1896(明治29)年3月東京美術学校に西洋画科が設置されることが決定すると、黒田は、藤島に「学校の助手にならぬか」と手紙を書いて呼び寄せた。この時から藤島は生涯、東京美術学校に奉職し文部官僚としての公的立場を持つ画家として歩むことになった。制作では、1896(明治29)年に黒田が中心となって結成された白馬会に参加し、皆の写生に同行したり、自分で写生旅行に出かけた。この時期の大作として「池畔納涼」がある。

池畔納涼 藤島武二作 油彩・カンヴァス1898(明治31)年 東京芸術大学

白馬会第2回に、習作「池畔納涼」を出品した。木炭習作は4人の群像表現で、構図について辛辣な批評がなされたそうである。本作は、女性2人の対話に簡略化し、外光派の典型的な表現となった。しかし、明度の高い色彩を多用している点では、のちの藤島固有のパレットを先取りしている作品である。津時代に藤島は黒田に作品の批評を仰ぎ、黒田からの指摘に対し、自分でも「気取りすぎる傾きがある」と自覚しながら改められなかったと書き送っている。「気取り」が文学的、ロマン主義的、あるいは夢見るような雰囲気であるならば、そのような藤島の資質は、アール・ヌーヴォーと出会って一層花開いたと言うことができる。初期の代表作である「天平の面影」(重文)との共通点も指摘できる。

婦人と朝顔 藤島武二作 油彩・カンヴァス 1904(明治37)年 個人蔵

白馬会の第9回展に、藤島は同じモデルによる6点を婦人肖像として出品している。本作品「婦人朝」は、この内の「朝」と考えられる。これらの6点の作品キャプションには「装飾用」との但し書きがあったそうである。通常のタブローとは異なる意味合いを込めていたことがわかる。同年に装丁と口絵を手がけた、与謝野鉄幹、晶子共著の「毒草」の中に、藤島は「朝」、「昼」、「夕」、「夜」の木版挿絵を織りこんでいる。タブローと挿絵の違いはあるものの、一つの場面で一つの抽象概念を表すという象徴的な表現は、所謂「構想画」の一種を試みていたと考えることもできよう。この時期、藤島は「明星」、「文芸界」、「中学世界」、「キング」等の装丁、挿絵、表表紙を手がけ、日本のグラフィック・デザインの先駆者でもあった。

幸ある朝 藤島武二作 油彩・カンヴァス 1904(明治37)年 個人蔵

1905(明治23)年、藤島は文部省の命を受け絵画研究にために渡欧し、フランスとイタリアで4年間を過ごした。藤島は、海外留学が遅れたが、渡欧した頃には後期印象派やフォーヴィズム等百花繚乱の時代であり、アカデミズムが急速に過去のものとなる時期であった。森田恒之氏は「日本人で印象派の本質を曲がりなりにも理解した画家であり、絵柄ではなく、絵画技法として印象派を理解している」と指摘している。遅れた留学は、藤島に大きなチャンスとなった。この作品は、窓から差し込む光を頼りに、手紙を読む若い女性が描かれている。この主題は西洋においては古くから頻繁に描かれた場景であった。その多くは、愛する人からの便りを読む若い女性を通して、彼女たちの静かな喜びやはにかむ様子の愛らしさを表すものである。この作品は1911(明治44)年の第5回文展に出品された。発表時より、卓越した陽光と朝の空気感の描写から、幸福感に満たされた柔らかな室内の雰囲気が表されており高く評価された。

チョチャラ 藤島武二作 油彩・カンヴァス 1908~09(明治41~42)年 ブリジストン美術館

本作品は、藤島がイタリアに留学した時代に描かれた肖像画である。明るい色調に大胆な筆致で、画面に軽快さを与えると同時に、どこか感傷的な印象を受ける「チョチャラ」と題されているが、これはかっての「チョチャラ」と呼ばれた地方の出身の女性を指す。現在のローマに在するラツィオ州の南東部にある地方で、フロジノーネを中心都市とする地域である。黄色地に赤い花の刺繍が施されているのだろうか。鮮やかなスカーフを巻いた彼女の装いはチョチャリア出身の花売娘のいでたちである。ちなみに石井拍亭も水彩画に、この花売娘の姿を留めている。(1911年、東京芸術大学)

イタリア婦人像 藤島武二作 油彩・カンヴァス 1908~09(明治41~42)年 東京芸術大学

留学の機会を得たのは38歳の時で、既に藤島は「装飾風の絵」という自分の方向を定めていた。留学において「異なる側」を知りたいと考え、風景画、肖像画の研究を望んだ。ローマのフランス・アカデミーの院長であったカルロス・デュランに肖像画について作品批評を乞うており、本作のアカデミックな画風にはその助言が活かされていると考えられている。

うつつ 藤島武二作 油彩・カンヴァス 1913(大正2)年 東京国立近代美術館

藤島の画風は、黒田清輝のもたらした外光派絵画を起点にしながらも、その平明な自然観照をこえ、黒田にはなかった豊かな叙情性を特色としている。それは、明治30年代の浪漫主義文学の隆盛と新たな世紀末美術の紹介に呼応して描かれた「天平の面影」(重文)に代表され、これには耽美的で感覚的な情趣と優美な装飾性が強く示されている。しかし、その後の4年間にわたるフランス、イタリアへの留学によって、その表現は印象派的な視覚を保ちながら、繊細で優美なものから、強直で重厚なものへと一変した。この「うつつ」は、そうした変貌を遂げた藤島が帰国後にはじめて日本で描いた作品である。藤島は自作について、「夢幻的な心境を描いてみたまでであって、若い女がクッションに凭れて憩んでいるポーズで、日本の古代の刺繍をした綸子の着物をつけている。窓辺に柔らかな光線を浴びて、うっとりとしている姿に興味をもった」と語っている。

匂い 藤島武二作 油彩・カンヴァス 1915(大正14)年 東京国立近代美術館

藤島は1913(大正2)年、学術研究のため30日間の朝鮮出張を命ぜられる。帰国早々の藤島の文章には朝鮮の魅力、女性の色鮮やかな着物の強烈な印象が語られている。この体験が藤島に新たな眼を開かせるきっかけとなったようだ。本図は第9回文展出品作品で、審査委員として文展に出品した最初の作品である。テーブルに置かれた鼻煙壷、花瓶のカーネーションがタイトルの「匂い」を連想させる。表情の乏しさに対して画面構成の巧みさなどが云々された作品であるが、その一番の魅力は何といってもピンクのチャイナドレスであろう。藤島は何着もチャイナドレスを求めており、朝鮮、中国のちがいはあれど、着物の配色、色彩の豊かさに重きをおいているようだ。これが東洋趣味につながっていくのである。

東洋振り 藤島武二作 油彩・カンヴァス 1924(大正13)年 個人蔵

第5回帝展出品作品で、かつ藤島が作り上げた至高の女性像である。つまり、ルネサンスと東アジアそして日本を融合し得た横向き女性像の嚆矢であり、白眉と言える1点である。藤島自身「これが私の多少画期的な出発になっている」と回想するほど、快心の一作であったのだろう。ルネサンス期の横向きの女性像に強いあこがれを抱き、その翻訳を試みたのは藤島が最初ではない。黒田もルネサンスの横向き女性像に触発されて美しい日本女性へと翻訳している。もちろん翻訳するに当たっては、彼の師のラファエル・コランという辞書を通しながら。そういう意味で、藤島の横向き女性像は、黒田作品に本歌を求めることは可能であろう。藤田は東アジア、ことに本作品では中国というフィルターを通して独自の時代感と異国性を創造している。一連の女性像は、黒田からの飛躍を遂げた、時代の記念碑と言えるのである。

室戸岬遠望 藤島武二作 油彩・カンヴァス 1935(昭和10)年 泉屋博古館分館

1928(昭和3)年、藤島は、岡田三郎助とともに、昭和天皇即位を祝う宮内庁学問所の油彩画制作の依頼を受ける。以後10年近い歳月をかけて各地を旅し、「日本の国を象徴するに相応しい風景」を海辺や山間部に求めて、様々な場所を描いた。その結果、藤島は風景画の第一人者としての地位を確たるものにした。本作品は他の藤島の海景画に多く見られるような、とりどりの色彩を織り交ぜた海面の表現と異なり、平坦な深い青が大きく配され、浪間や飛来沫の粗い筆触は中央の岩場に集約されている。海面から顔を出す岩は、太い輪郭線と強烈な陰影表現によってかたちづくられ、画面の平面性を強調している。青と白といった色彩の対比が藤島の印象に強く残ったことが読み取れる。

耕到天 藤島武二作 油彩・カンヴァス 1938(昭和13)年 大原美術館

本作品は、完成に数年を要したという藤島晩年の代表作である。自身の解説によると、画題は「耕到天」は、日本を訪れた中国人の言葉、「耕到天是勤勉也」と「耕到空是貧也」に由来する。日中戦争という時勢を鑑みた藤島は、日本人の勤勉さと国土の貧弱さを説いた言葉を画題にして、ここに愛国の意を表現したのである。空まで届く雄大な山肌と畑は色とりどりの面に還元され、画面は極端に単純化されている。事物の本質を結晶化したような簡潔な表現は、藤島が到達した究極の写実を示す。晩年を代表する「到達点」の優作である。

 

この美術展は練馬区立美術館で7月23日から9月18日まで開催され、その後鹿児島、神戸と廻る展覧会である。藤島武二の作品を日本各地の美術館から集めて、よくぞこれだけの「美術展」にしたという印象である。観客も、練馬区近辺の方が多く、年齢もかなり高齢者が目立った。欲を言えば、重要文化財に指定されている「天平の面影」、「黒扇」の2作品の展示が欲しかった。特に「天平の面影」は、明治30年代の浪漫主義の華やかな作品であり、是非この展覧会に出品してもらいたかった。藤島の留学が、他の教綬に較べ遅れたことは、藤島にとっても、日本の画壇にとっても、結果として大きな収穫となった。後期印象派、フォーヴィズムなど、西洋の新潮流に接し、アカデミズムが急速に過去のものとなったことを体感したからである。黒田清輝と並ぶ藤島武二は、終始、東京美術学校を基盤として、恵まれた環境の中で、東洋趣味や風景画の試みなど新分野を開拓した天才でもあった。「美術展は個人展を見ることが大事」という私論を確認する展覧会であった。

 

(本稿は、図録「生誕150年紀念 藤島武二展 2017年」、大原美術館 図録「はじまり、美の饗宴 2016年」、図録 東京国立近代美術館「近代日本の美術 1984年」、図録「神奈川県立近代美術館 コレクション展 絵画Ⅰ」を参照した)