畠山記念館  近代数寄者の交遊録

近代日本経済を支えた実業家の多くが茶の湯を第一の趣味にしていた数寄者(すきしゃ)と呼ばれた。その筆頭にあげられるのが藤田財閥の藤田田三郎(香雪)、三井財閥の益田孝(鈍翁)、帝国蚕糸の原富三郎(三渓)、荏原製作所の畠山一清(即翁)等である。彼らは、旧大名家の蔵や、神仏分離令によって逼迫した寺から流出した、膨大な古美術の蒐集に向かい、そののちに蒐集品を活かすことのできる茶の湯へ踏み入れたのである。特に益田孝は、維新後、世界初の総合商社となる三井物産を創業して三井財閥の大成に貢献した財界人であった。畠山記念館の創設者・畠山一清(即翁・1881~1971)は鈍翁に見込まれて数寄者への道へと導かれた。鈍翁との年齢差は34歳あり、二人の交友は、鈍翁が亡くなる直前の数年間であったが、密度の濃いものであった。なかでも深い友情を伝えるのが、「柿の蔕茶碗」である。今年は、鈍翁80年忌に当たることから、即翁と鈍翁を結ぶ一つの線となった「柿の蔕茶碗」を披露する茶会を切り口に、表記の美術展が開催されることになった。まず、昭和12年(1937)11月29日に茶会が開催された。これは即翁が新茶亭をまず鈍翁に披露し、京都毘沙門堂旧蔵の「柿の蔕茶碗」でもてなした茶会の様子から説明したい。

秋色に染まる畠山記念館の入口

畠山記念館の入口から撮った写真である。紅葉に染まり、秋色を帯びた畠山記念館の入口正面を写したものである。畠山即翁の蒐集品(主として茶道具、能面、能衣装等)を展示する美術館であり、私は、少なくとも年1回は訪れている。閑静な美術館であり、私のお気に入りの美術館である。今年は11月24日(金)の午後3時頃に訪れている。

竹自在   千李休作             桃山時代

在辛斎宛ての李休添状が付属している。在辛斎については詳らかでないが、修理の斡旋状のようである。添状が道具に対して大きな価値を有することが示されている。これから記す茶道具は、昭和12年(1937)11月29日に行われた茶会に使用された道具を紹介するもので、客は鈍翁夫妻、横井半三郎(夜雨・1883~1945)の3名であり、「柿の蔕茶碗」を、鈍翁に招介することが目的であった。

瓢花入(ひさごはないれ)銘木菟(みみずく)  千道安作  桃山時代

瓢箪や夕顔の実で作った花入れは、竹や籠花入と比肩する侘びた風情が備わっているものである。上方に花窓を大きく穿ち、頭も目も大きな木菟(みみずく)になぞらえて銘とした本作は、愛らしくふくよかな形と、古色を帯びた肌が茶味を感じさせる。姫路藩酒井家に伝来したものである。千道安は利休の長男である。

重要文化財 志野水指 銘古岸(こがん)       桃山時代

桃山時代の志野水指の中でも、器形・釉薬・絵文様において優れた作行きを示す名品である。肩と胴下部に段をつけて箆で整えており、力強く堂々とした姿の水指で、腰のゆったりとしたふくらみに対して頸のしばりは強く、外側に開き気味の厚い口縁と矢筈口を強調している。内箱の蓋裏には、表千家九代了々斎による「絵瀬戸水さし 古岸ト号」の箱書きがある。

重要文化財 柿の蔕(へた)茶碗  銘 毘沙門堂    朝鮮時代

柿の蔕とは褐色の素地にごく薄い透明釉を掛けて、あたかも焼締めのような味わいを持たせた茶碗を言い、伏せておいた形が柿の帯に似ることに因む名勝である。京都山科の毘沙門堂旧蔵であったことから、この銘がある。藤田美術館所蔵の「大津」と共に、柿の蔕の代表作として並び称されている銘碗である。実はこの茶碗は隠居の身であった鈍翁が購入を断念した品で、当日の道具組には、実業においても茶においても崇敬した大茶人、鈍翁に対する心づくしが示されている。ここで並べた道具類は、当日の茶会に用いられた茶道具の一部である。

毘沙門堂狂歌  益田鈍翁筆     昭和13年

この書には、次のようなことが書かれている。「くやしいといふもおもしろの世や 九十二歳鈍翁」、「毘沙門堂」、「柿の蔕ひとつか老いのおもひ出に」     柿の蔕茶碗を手に入れることができなかったくやしさを狂歌にしたものである。相伴の横井夜雨に与えたものであるが、のちに畠山即翁に贈られた。鈍翁と即翁の交情を物語る一幅である。この先は、鈍翁が一代で築いた膨大なコレクションの内、即翁が入手した名品の一部を紹介する。

絵高麗梅茶碗(えこうらいうめちゃわん)          明時代

絵高麗とは「絵付けのある朝鮮産の茶碗」と解するが、現在は中国北方系磁州窯の製品とする説が有力である。内外面に漬け掛けされた白化粧の上、外側面に鉄絵で施文されているものを指す。なかでも梅鉢茶碗には鉄絵あるいは白土で七曜文が点彩され、それを梅花に見立ててこの名がついている。この茶碗は後者、帯状に施された鉄釉上に白土による七曜文が五箇所あり、灰青色の帯に梅鉢文の鮮やかな対比が見所となっている。加賀前田藩の家臣本田家に伝わった茶碗だが、梅花文は前田家の家紋にも通じ、因縁を窺わせる。その後益田鈍翁の所蔵となり、内箱・外箱ともに鈍翁による「絵高麗 茶碗 梅鉢」・「加州本田家伝来」の箱書きを持つ。

御所丸茶碗  銘堅田               李朝時代(17世紀)

御所丸茶碗は、朝鮮との交易船「御所丸」で将来されたため、この名があると言われる。古田織部の好みで造られたとも、島津義弘が運んだとも言われるが、確証はない。黒釉と白釉が掛け分けられたものと、白釉のみが掛けられたものがあり、俗に前者を黒刷毛、後者を白刷毛と呼んでいる。この茶碗は、全体が楕円形に歪んだ沓形で、作為の強い黒織部の沓形茶碗に近似する。口縁から胴にかけ黒釉の刷毛目が荒々しく廻り、白釉とのコントラストを見せている。伝来・小堀遠州・益田鈍翁

共筒茶杓  狩野探幽作               江戸時代(17世紀)

櫂先は幅広く、ゆったりとしてしかもきりっと立ち、中節から手許まで追取り一面に皮が削られている。探幽は、高野山金剛峰寺金堂障壁画の潤筆料として弘法大師筆「座右銘」十六字一巻を譲られたが、のちにこの巻物は鈍翁の入手するところとなり、明治29年(1896)品川御殿の自邸で披露され、この茶会が大師会の始まりであった。(後に、この大師会の会長は、畠山即翁が承継している)探幽は大師流の書もよくするなど弘法大師崇敬者であったことから、鈍翁がこの茶杓を所蔵することにも因縁が深い。

志野撫四方酒野呑(しのなでよほうさけのみ)      桃山時代(17世紀)

この酒呑は、大正の初め、鈍翁が当時としては破格の1万円という高値で買い求め、終生愛玩し、よほどの客でなければ用いなかったという。二重の箱の両方に鈍翁の書付が記されているが、中でも「愛什」の言葉に鈍翁の想いが込められている。酒呑の逸品であり、実に愛らしい。鈍翁の気持ちが判る。

 

近代数寄者と呼ばれる人たちは、文明開化の時期を過ぎ、自国のアイデンティを身に付けることの必要性に迫られた文化人達で、内務大臣の井上薫(世外)、藤田財閥の藤田田三郎(香雪)、三井財閥の益田孝(鈍翁)、帝国蚕糸の原富三郎(三渓)、東武鉄道の根津嘉一郎(得庵)、「電力の鬼」松永安左衛門(耳庵)、東急電鉄の後藤啓太(古経庵)、荏原製作所の畠山一清(即翁)等である。明治、大正、昭和の政治、経済を動かした人々であり、茶道に引き込まれていったのである。日本美術の海外流出を防いだ意義は大きい。畠山一清(即翁)は、近代数寄者の最後を飾る人物であったと言えよう。

 

(本稿は、図録「近代数寄者の交遊録  2017年」、図録「四衆愛玩 壱 1909年)、図録「四衆愛玩 畠山即応の美の世界 2011年」、千宗屋「茶 利休と今をつなぐ」を参照しした)